台湾

淡江大学台北キャンパスに3週間の短期留学。授業は全部中国語!

 

台湾に短期留学に行ってきました!

3週間だけですけどね(-_-)

 

留学先は、淡江大学

台北キャンパス

 

台北キャンパスには成人教育部があって、

そこで留学生たちが勉強しています。

 

スポンサーリンク

 

淡江大学の短期留学は3週間から!

 

淡江大学の台北キャンパスでは、

毎月「正規中国語プログラム」を

開講していてます。

 

4か月のカリキュラムなんですが、私みたいに

3週間でも受け入れてくれます。

 

もっと短期間でも受け入れてくれるらしい

ですが、そこは学校に相談して

みてください。

 

ホームページには日本語もありますよ。

 

申し込みは、私は中国語教室に代行を

お願いしましたが、自分ですることも

できます。

 

 

授業料は、3週間で7500元、日本円で

3万円ぐらいですね。

 

月曜日から金曜までの週5回、

毎日3時間授業があります。

 

計算すると1日500元、日本円で

約2000円ですね。

 

なんて安い授業料なんでしょ。

淡江大学 台北キャンパスdanjiangdaxue

 

授業料は安いですが、それにプラス宿泊費と

食費などが必要ですね。

 

私は中国語教室のゲストハウスに宿泊して

いたのですが、クラスメイトたちは

自分でインターネットで部屋探しを

したそうなんですよー。

 

私、自力で部屋を借りるなんて

思いもよらなかった・・・

 

みんな偉いねー

 

でも、自分で好きな部屋を

借りるのも楽しそう♪

 

事前のテストでクラスが決まりますが、変更も可能です。

 

初日は朝8時に事務手続きが始まり、

その後クラス分けのテストが

あります。

 

あー、なんだっけ、いろいろ忘れてる・・・
最近、文法とかやってなかったからなー・・・

 

テストの結果、私は「實用視聽華語教科書」の

2冊目を勉強する?って言われました・・・

 

やっぱりな・・・

 

 

 

でも、また「我生病了」(第1課)から

勉強するの嫌だな~、

次行きたいな~

 

ってことで、

 

その教科書、ほとんど終わってるんで次の教科書がいいんです!!

 

って言って、3冊目の教科書の1課から

勉強するクラスに入れて

もらいました。

 

ここのところも結構融通ききます

 

あ、ここまでの会話は全部中国語です。

 

中国語教室の先生によれば、日本語がわかる先生が

対応してくれるはずだったのですが、なぜか

当日その先生がいなかったんですよね。

 

で、担当してくれた人が日本語が

話せない人だったんです。

 

頑張って中国語会話しましたよ。

 

でも、事務室には何人か日本語がわかる人がいるので、ご安心を~。

 

そして、テストでクラス分けが決まるのですが、

1日授業を受けてみて、不満があれば

別のクラスに変えてもらうことも

できます

 

教科書は、私は自分で買ったものを持って

いきましたが、学校で用意されて

いますよ。

 

後、宿題でワークブック(學生作業簿)も

使います。

 

これは私は持っていなかったので

学校で買いました。

 

授業は全部中国語!英語を中国語に訳する宿題も・・・

 

クラスメイトはベトナム人、タイ人、韓国人、

インドネシア人、イギリス人、

そして日本人。

 

全部で10人ぐらいです。

 

ほとんどが若者で、18歳~20代前半、

そして、一人おじ(い)さん

(推定年齢65歳)。

 

先生は、男性です。

 

授業はもちろん全部中国語

 

ジェスチャーを入れてくれたりして、

楽しく授業は進みます。

 

聞き取れるところと、聞き取れない

ところがある・・・

 

しかも先生、ちょっと台湾っぽい

発音だったりします。

 

「誰」が「シェイ」じゃなくて

「セイ」。

 

ちょっと前から台湾に来ている

クラスメイトたちは、先生が

言っていることを聴き取れて

いる様子。

 

私も頑張らないと・・・

 

私、中国語の勉強を始めて年数だけは

経ってるけど(しかも超マイペース)、

聴き取る方も話す方も

まだまだです。

 

それに、私は、

 

発音とか四声を正しくしないと!!

 

って、思ってたんですが、クラスメイトたちは

そんなこと全然気にせず、どんどん中国語で

話してます。

 

とにかく話す、これ大事。

 

 

そして、授業では注音じゃなくて

ピンインを使います。

 

だからこの学校を選んだって

いう人もいましたよ。

 

スポンサーリンク

 

宿題に、テストもあります。

 

宿題は漢字を10回ずつ書くとか・・・

小学生か(笑)

 

でも、日本の漢字と違うところがあるから、

しっかり教科書を見ながら書かないと

間違えてしまうことが

あります。

教科書と宿題ノートshukudai1

 

後は、ワークブック(學生作業簿)の

宿題があります。

 

これねー、英語を中国語に訳しろ

とかあるんですわ( ゚Д゚)

 

Google先生がいてよかった〜!

 

Google先生に英語を日本語に訳してもらって、

それを中国語に訳してました。

 

テストは、単語テストと文法のテストです。

 

そんなに難しくないよ。

 

授業は午前中だけなので、午後からは部屋で

お昼寝したり宿題したり、テレビを

見たりして過ごしてました。

 

旅行で来たのなら、あちこち観光を

するのですが、3週間もいると

なると案外出掛けないもの

ですね。

 

私、お昼寝しないと体力が持たないのよー。

 

まあ、ご飯は外食だし、夜市には

ほぼ毎日行ってたんですけどね。

 

その話はまた今度。

 

そうそう、私が台湾に短期留学に行くって話を

留学経験がある友達にした時に、

 

「言葉に耳が慣れてきたのは

3週間ぐらい経ってからだったよ」

 

って言われたんですよね。

 

確かに、私も耳が慣れたのは

3週間経った頃でした。

 

慣れた頃に帰国って、本当にもったいない。

 

できれば、留学期間は3週間以上を

おすすめします~。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

下のバナーをポチッと押していただけると、

フミカ、踊って喜びます♡


人気ブログランキング

スポンサーリンク

関連記事

  1. タビモエ

    真夏の台湾旅行最終日。フミカ、旬のマンゴーに大満足。

    フミカでございます。初めての方はキャラクタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP