台湾

台湾中国語学習の第一歩は、注音符号(ボポモフォ)と発音と声調(四声)を覚えることから!

 

張り切って台湾中国語の教室に

通い始めた私。

 

最初に勉強するのは、注音

(ちゅういん/ちゅうおん)符号と、

発音声調(四声)ですよ。

 

日本語にない音があったりして、

これがなかなか手強いのですよ。

 

スポンサーリンク

 

台湾中国語学習の第一歩。注音符号と発音をひたすら覚える。

 

まずは注音符号(別名ボポモフォ)という、

日本語の「あいうえお」みたいな

発音記号を37個、覚えるところから

スタートです。

 

ㄅㄆㄇㄈ・・・?
何、これ?

 

そう、なんのこっちゃ全然わからない

この文字のような記号が、

注音符号なのですよ。

 

chuon

 

そして、注音符号の最初の4つの符号

「ㄅㄆㄇㄈ」の発音が、カタカナで

表すとすれば「ボポモフォ」

という音にになるんですね。

 

ひらがなに似ている注音符号も

あるので、最初のうちは頭の中が

こんがらがりますよ。

 

例えば、「」。

「さしすせそ」の「せ」に似ています。

 

でも、発音は「セ」ではなくて「エ」ですねん。

 

ほら、ややこしくなってきたでしょ?

 

 

中国語の場合は、発音記号はアルファベットを

使った「ピンイン」になりますよね。

 

ちなみに、先ほどの「ㄅㄆㄇㄈ」は、

ピンインで表すと「b p m f 」

になります。

 

スポンサーリンク

 

声調(四声)は、単語になると途端にややこしくなる~

 

声調の練習もしました。

 

声調には4種類あるので、

四声ともいいますよ。

 

「あー」とか、「まー」とかいう音に

高低をつけて声調の練習を

するんですよね。

 

声調、「あー」で練習している時は、

結構いい感じに高低をつけることが

できます。

 

お。私、結構イケてる?!

 

なんて思うのも、最初のうちだけ。

 

これが単語になると、途端に、

ややこしくなるんですよねー。

 

第三声と第三声の組み合わせの

単語とか。

 

例えば、

 

你好(ニィハオ)

 

第三声と第三声の組み合わせの

単語です。

 

最初の「你」のニィの音は、全部下がりきらずに

ちょっとだけ下がってすぐに上がる・・・

 

って、文章で言われてもわかりませんよね。

 

もうこれは、覚えるしかありません

 

 

単語を覚える時は、文字と発音と声調

3つをセットで覚えますよ。

 

私、この3点セットで単語を

覚えるのには結構苦労

してます。

 

でも、きちんと覚えないと

いけませんね。

 

同じ発音の単語でも、声調が違えば

意味が全く違うんですから。

 

いい加減に覚えていると、知らずに

恥ずかしい言葉を言っちゃってる

場合もあり得ますもんね。

 

これはもう、ひたすら目で見て、耳で聴いて、

声に出して覚えるしかないです。

 

頑張ります

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

下のバナーをポチッと押していただけると、

フミカ、踊って喜びます♡


人気ブログランキング

スポンサーリンク

関連記事

  1. 台湾

    台北から高雄へ日帰り旅行。蓮池潭の龍虎塔で厄払い!

    台湾に行けば、いつも台北付近ばかりで遊んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP