台湾

高雄観光!自由黄昏市場で売られている食材の姿にびっくり!!

 

蓮池潭観光を終えた私たちは、次の目的地に

移動することにしましたよ。

蓮池潭観光の記事へはこちらからどうぞ!

 

目指すのは、夕方開く市場・

黄昏市場 huáng hūn shì chǎng)

です!

 

スポンサーリンク

 

高雄市内にたくさんある「黄昏市場」。

 

蓮池潭付近からタクシーに乗って

移動することにしましたよ。

 

タクシーに乗り込み、運転手さんに

「黄昏市場に行きたい!」と

告げたのですが・・・

 

黄昏市場に行きたいねん♪
タクシーの運転手さん
ん?どこの黄昏市場?
えっ?!どこのって?!

 

グーグルマップで検索したら・・・。

黄昏市場、めっちゃたくさんあるやん。

 

黄昏市場って、固有名詞だと思ってた。

一ヶ所しかないと思ってた。

 

朝市、夜市、黄昏市。

 

朝市も夜市もたくさんあるもんね。でも、なんで傍晩(bang wǎn(夕方))市って言わないんだろう・・・?

 

 

急いで調べると、私が行きたい黄昏市場は、

自由黄昏市場』(zì yóu huáng hūn shì chǎng)

という名前でした。

 

 

 

自由黄昏市場やったわ
タクシーの運転手さん
おしゃー

 

 

自由黄昏市場で売られている食材の姿にびっくり!

 

自由黄昏市場に到着!

 

自由黄昏市場

 

大きな市場には、食材や衣類の店が

所狭しと並んでいますよ。

 

 

衣類はさておき、食材がね、凄すぎ。

もう、びっくり。

 

鶏さんが、頭がついたまま皮を

剥がれた姿で並んでいたり。

 

怖いので顔にモザイクかけました

 

鶏さん

 

丸焼きにされていたり。

 

丸焼きの鶏さん

 

豚さんの顔だけ剥がしたやつとか。

豚さん

 

胴体だけ焼いたやつとか。

豚さんの胴体

あとは・・・

豚さんのつま先付きの

ナマ脚とか~

 

ひゃあ~・・・夢に出てきそう・・・

 

でも、そんな食材ばかりでは

ないんですよ。

 

魚とか。

 

 

どこかで見たようなにゃんこの

練り物とか。

 

練り物

おいしそうな点心とか。

点心

 

きれいな色のフルーツも。

レンブ

この赤い実は、レンブ(蓮霧 lián wù)です。

シャリシャリしていて、みずみずしくて、

あっさり味です。

 

スポンサーリンク

 

煮た臭豆腐を食べてみた。

 

臭豆腐を大鍋で煮ている

お店もありましたよ。

 

煮た臭豆腐って揚げたのより

においがきついんですよねー。

 

くっさ!!!でもちょっと食べてみたいような。
今、チャレンジしないと後悔するような
気がする・・・

 

 

揚げた臭豆腐は、以前行った深坑老街で

経験済みです。

深坑老街の記事へはこちらからどうぞ♪

 

 

強烈なにおいを放つ、煮た臭豆腐も

思い切って食べてみることに

しましたよ。

 

煮た臭豆腐

感想は・・・

 

スープ、激辛!!!舌がヒリヒリする~

 

臭豆腐の味というより、スープの

辛さだけが印象に残りました。

 

臭豆腐と一緒に入っていた

鴨の血の塊の味も

わからない・・・

 

食後のヒリヒリした舌は

冷たい豆花( dòu huā)で

冷やしましたよ。

 

豆花

甘さスッキリでヘルシーな感じが

します~。

豆花、大好きやねん♪

 

豆花でさっぱりしたところで、

台北に帰りましょー。

 

今回は、日帰りの半日観光でしたが、

蓮池潭と自由黄昏市場だけでも

十分楽しめました~。

 

台北に行ったら、ちょっと足を伸ばして

高雄に日帰り旅行も楽しいですよー。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

下のバナーをポチッと押していただけると、

フミカ、踊って喜びます♡


人気ブログランキング

スポンサーリンク

関連記事

  1. タビモエ

    真夏の台湾旅行最終日。フミカ、旬のマンゴーに大満足。

    フミカでございます。初めての方はキャラクタ…

  2. 台湾

    新北市の豆腐の町・深坑老街で臭豆腐にチャレンジ!

    台北市から近い新北市に、『深坑老街(shē…

  3. 台湾

    台湾のお土産、パイナップルケーキが美味しいお店『順成蛋糕』

    私はパイナップルケーキが大好きです♡パイナ…

  4. 台湾

    台北から高雄へ日帰り旅行。蓮池潭の龍虎塔で厄払い!

    台湾に行けば、いつも台北付近ばかりで遊んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP